ホームページ作成のあれこれ

こちらではデザインやSEO、コーディング等の、ホームページ制作に関する事柄を気の向くままに書きつづっています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

近頃のGoogle

順位変動の激しいyahoo!ですが、最近は多少安定している・・・ような気がします^^;
それよりもGoogleの方が不安定になってきているみたいです。
自分のサイトが安定していないだけかもしれませんが・・・。

順位変動とは関係ないですが、一部の検索順位チェックツールがGoogleの順位を取得
できなくなったようですね。どうやらGoogleのガイドラインにもこのようなツールの使用に関する
警告は書かれているようです。

詳しくはこちら → グーグル、自動ランキングチェックツールを禁止に

SEO対策をする人にとっては必須とも言えるこういったツールが使えなくなるのは痛いですね;
今のところ全てのランキングチェックツールが使用できなくなったわけではありませんが、
全てのツールが規制される日はそう遠くないかもしれません。。

スポンサーサイト

PageTop

Googleでの検索順位

サイトに手を加えなければ、Yahoo!程頻繁に大きな順位変動はないGoogle君ですが
(私だけでしょうか^^;)ここ数日自分の運営しているサイトは少々活発に動いています。

そういえば数日前にGoogle君がバックリンクを更新したというSEOニュースを目にしました。
もしやそのせいでしょうかね?

同じキーワードで全体の動きを見てみると、バックリンク更新以降、飛躍的に伸びているサイトも
見受けられますし、そこそこ影響はあったみたいですね。
6月に入ってから、今まで安定していたサイトが急に不安定になったり、逆に圏外だったサイト
が突然上位にランクインしたりと、不安定なサイトが多く見られます。

GoogleもYahooのように、検索順位が安定しなくなってしまうんでしょうかね;

PageTop

YSTのインデックス更新

Yahoo!が昨日インデックスを更新したようです。
夕方くらいまでは順位変動はなかったのでそれ以降なのかな?
今日は順位が大いに変動しているみたいですね。

5月に入ってからヤフーの検索順位がかなり不安定なところが多かったみたいなので、
今回の更新で改善されていくといいんですが…。

毎度毎度Yahoo!は悩みの種ですね^^;

PageTop

XHTML 1.0 Strictについて

最近企業のサイトやなんかでは標準になりつつあるXHTMLですが、
その中でもW3Cの規定に厳密に従って記述するStrict(ストリクト)について考えてみたいと
思います。

大抵はHTMLでもXHTMLでもTransitional(トランジショナル)を使っている方が多いようです。
TransitionalはStrictに比べると、制限されるタグがほとんどないので安心して使えるわけ
ですね。

制限が無いほうがいいに決まっているじゃぁないか、と思う方もいると思います。
その通りです(笑)

ただ無駄なタグが書かれていないStrictの方がHTMLファイルのサイズが軽くなりますし、
何よりもソースがとても見やすくなります。
とはいえTransitionalで無駄なタグを書かないようにすれば良いだけのことなので、
どちらも大差はないでしょう。(たぶん…)
ただW3Cが推奨しているということもあって、使用してい人は多いですね。
結局のところ推奨されているStrictを使う方が安全ではあります。
(XHTML 1.1はStrictだけですし)

SEOに強いのはどれか?という部分からみると、どれでも構いません。同じです。
検索エンジンが読み取りやすい構造(無駄なタグがないシンプルな構造)であれば
問題ありません。

Yahooではどれでも構いませんが、GoogleはW3Cに準拠したものの方が良いです。
実際今なんらかのキーワードで上位にあるページを見ると、HTML 4.0で記述されているものも
あります。

長々書きましたが、結論から言うとシンプルな構造であればどれでも構わないとは思いますが、
W3Cが推奨するのはStrictということですね。

今後新しいHTML言語に移り変わっていくかもしれない、ということを考えると、やはり厳密な
記述をしていった方が、新しいものに移行しやすいのかもしれません。

PageTop

SEOに強いホームページ作成?

昨日の夕方頃にYSTがフルアップデートを実施したみたいですね。
サイトによっては結構大きく順位変動してます。

こうめまぐるしく変わる検索エンジンのアルゴリズム(まぁ主にyahoo!なんですが^^;)には
どう対応していけばいいんでしょうか?
当然その都度検証になるわけですが、基本となっている部分は変わらないので、
その部分を押さえておけば結構順位も安定するのでは、と私は勝手に
思い込んでますあちゃー
基本的な部分ていうのは次の3つくらい

・被リンクの関連性
・ソースの最適化(キーワードの盛り込み方hタグのつけ方等)
・ページ構造(内部リンク等)の最適化(各ページにバックリンクを必ず設ける等)

大きく分けて大体こんな感じだと思います。
もちろんこれだけではありませんが、上記の3つ等はたとえアルゴリズムが修正されても
大して変わらない部分だと思います。(ソースの最適化に関してはちょっと微妙ですが…)
特に被リンクの質と関連性を重視する点は、昔からあんまり変わってないんじゃないでしょうか?

とまぁ大まかに解説しましたがここでは書ききれないのでこの辺で^^;
しかしながらあくまで個人的見解なので、SEO対策される方はご自身で実際にやってみて
判断して下さいねグー





PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。